FC2ブログ
2011.04.21 鯉のぼり
一年は、早いですね〜

今年もこれを出すときが来ました。
DSC_0187.jpg

意外と、めんどうなんですが、何とか完成!!!
DSC_0188.jpg

来年もアッと言う間に、この時が来ちゃうんだろうな〜笑
スポンサーサイト



今年もやってきました〜

家庭菜園の季節です〜

去年は、ナス トマトとやりましたが、
何とか、収穫は出来ましたが・・・途中、栄養の与えすぎで枯らしてしまいました。

今年こそ・・・・気合が入ります!!!

悩むに悩んだ結果・・・・

これに決定!!!
ピーマン極めます!!!
DSC_0180.jpg

あとは、功晴の大好きな枝豆も買いました。 
DSC_0182.jpg

去年のまま・・・放置だったので、一応、ぐちゃぐちゃに耕し・・・笑
移しました。
DSC_0183.jpg

こんな感じです。
DSC_0185.jpg

いまから楽しみだな〜〜〜
2011.04.19 お迎え
今日、初めて向かいに行きました。

年中サンと手をつないでとても楽しそう!

ちょ〜PEACEな感じでした。

DSC_0204.jpg

待ってる間は・・・・ママばかりで、かなりいずらかったな〜笑
2011.04.19 上林整形外科
お疲れ様です。

未だに右手が痛く、痛み止めでつないでましたが、
最近、耐えられず・・・

こちらに行って来ました。
DSC_0202.jpg
湘南一親切な整形外科で有名な上林整形外科です。

中は、ウッド調で落ち着く店内!

雑誌もとても充実してます。

DSC_0196.jpg

最新の機材の山々!!!
DSC_0198.jpg


こちらは、電気ウォーターです。
今回、体験しましたが・・・・かなり気持ちいいっす!!!
おもわず寝ちゃいました。
DSC_0197.jpg

そして・・・
今回のメインイベント・・・・
めちゃビビッてたら、一番細い針でやってくれて楽勝でした。
ありがとうございます!!!
DSC_0199.jpg

勝利の証・・・笑
DSC_0201.jpg

さ〜て???
場所は、みなさんご存知レンタルショップ ファレノの隣の隣の二階です。
DSC_0203.jpg

フッと見上げると・・・・
この看板がありますよ!!!
ちなみに一階がハックです。
DSC_0194.jpg

気になる方は、クリックしてチェックですぞ!!!
http://www.kami-seikei.com/
2011.04.12 初!
おはようございます!

今日は無事に起きれました(笑)



DSC_0168.jpg

行って来ます〜
2011.04.12 入園式
4月11日

コウセイの入園式でした。

もちろん、スーツでカメラ、ビデオバッチリ
装着で、親バカstyleでした。

ほとんどのお父さんがそうだったので
安心しました(笑)

DSC_0158.jpg


DSC_0159.jpg
昼位に、無事に終え、
ラジコンで遊び…

DSC_0160.jpg
ハルムくんは爆睡で…(笑)

DSC_0161.jpg
夕方より
ここへー

入園祝いに行きました!

コウセイのリクエストで焼き鳥に…相変わらず渋いです

DSC_0163.jpg

昭和な店内
ぐっと来ます!
DSC_0164.jpg

味も最高です!
DSC_0167.jpg

大好きなしいたけた
DSC_0166.jpg

さあー明日から朝は、戦場ですー

また海の時間が少なくなりそうです…

がんばって早起きサーフします!
2011.04.05 尊敬する人
宮城県で地震と津波により被災したものの、妻と母親を救うために自ら救出活動した43歳の男性、アカイワ ヒデアキさんが、ロサンゼルスタイムズやフォーブスなどの海外メディアで報じられ、話題になっています。



津波の被害を受けた時、アカイワさんは自宅から少し離れた職場にいました。被災した彼が何よりも心配したのは、20年前にサーフィンを通じて知り合い、以来連れ添った最愛の妻。アカイワさんはいつ来るかわからない救援を待つ事などできず、ウェットスーツなどのスキューバダイビング用の装備を身に付け、瓦礫の浮かぶ危険な水の中へと身を投じました。



200ヤード(約183メートル)ほど水中を進んだアカイワさんが目にしたものは、10フィート(約3メートル)近く浸水した我が家の姿でした。アカイワさんが辿り着いたとき、彼の妻は家の最上階、わずかに空気の残る場所にいました。



「水はとても冷たく、暗く、恐ろしかった」

「瓦礫の中を進むのは非常に困難だった」



無事に妻を助けだしたアカイワさんはそう語ります。



しかし、彼の活躍はこれだけに留まりません。災害から数日後、避難所に見当たらない母親を探すために、母親を最後に目撃した場所に向かいます。アカイワさんの予想通り、母親は浸水した家屋の中に取り残されていました。



「母は周囲を水に囲まれた場所に取り残されて、パニック状態になっていた」

「すごく見つけるのが難しかった」



彼が母親を救助したのは、地震の発生から4日後の事でした。



Southeast Asia Bureauのレポーター、Rick Westheadがアカイワさんに

「なぜ自分の命を省みず、奥さんを救いに行ったのですか?」

と質問すると、アカイワさんは一言、

「彼女はとても大切なひとだから」と答えたそうです。



その後もアカイワさんは、近隣の住人や友人たちを探すために救助活動を続けています。赤いウェストポーチに「緑茶」「水」「懐中電灯」「着替え」「緊急医療具」「迷彩柄のグローブ」「スイスアーミーナイフ」「煙草2箱」「ライター」を入れ、レイバンのサングラスをかけて。



インタビュー中「スミマセン、私はもう行かなくてはなりません」と一言残し捜索にでかけました。彼が友人知人たちを助け、無事に生還することを祈らずにはいられません。



こちらよりコピーしました。
http://blog.livedoor.jp/pfj_blog/archives/50609775.html
2011.04.04 スタート
さて、まずは…コウセイのカットから〜

こんなから…
DSC_0146.jpg

こんなに…
一応、新幹線こまちってオーダーです。(笑)
何とかOKもらいました
DSC_0149.jpg

そして、今日の昼飯はここへ…
DSC_0144.jpg

この後、今日ぶつけられた傷を直しに行きます!
DSC_0145.jpg

今日の日の出ショット!
DSC_0142.jpg
オマケてした
2011.04.04 ども!!!
おはようございます。中島です。

ついに来週、功晴の入園式!!!

今日は、その準備でっす!

まずは、カットからかな〜???

あと、友人に教わったサイト。
http://microsievert.net/
とても分かりやすいです。

関東各地の放射能水準です。